2015年05月28日

やっと、アポイ

24(日)、アポイ岳に登った。


と、言っても、私は娘の部活の関係で留守番担当。

前回に続いて夫単独での参戦。

夫の話による・・・


今シーズン初めての午前4時出発は、さすがに少しツラかったよう。

アポイ岳まで片道約190km。早朝出発でも3時間。

帰りは、プラス30分の3時間半。

往復の移動だけで6時間半もかかるので、なかなかそう簡単に行けない。


駐車場に着くと、学生?らしき若い人達が集まっていた。
001.JPG

この団体より先にスタートしなきゃ・・・。

少し急いで支度をして、7時8分に登山口を出発。

いつもの場所で写真をパチリ
002.JPG

今回は、前回の伊達紋別岳での反省から、息が上がらないようなペース
で歩くことを意識し、7時12分、登山ポストで記帳。

まずは、5合目の避難小屋を目指す。

登山道は、5合目までは森の中。暑さ寒さもちょうど良くてなかなか快適。
003.JPG

ただし、勾配も緩く、ハイキング気分で歩けるのは4合目まで。

4合目を過ぎると勾配がきつくなってくる。

5合目の避難小屋到着が8時13分。


ここまでのペースは、
1合目(7時19分)、2合目(7時39分)、3合目(7時53分)、4合目
(8時4分)、5合目(8時13分)
 
5合目で10分ほど休憩して、次の目標地点の馬の背を目指す。


アポイ岳は、合目表示や案内表示が整備されていたり、途中に何箇所も休憩
スペースが設置されていたり、珍しい所では「熊除けの鐘」なんかもあったり
して、登山者にとても親切。
 
もちろん、高山植物で有名な山ではあるけど、馬の背からの眺めもすごくイイ。

おまけに、標高が810.6mしかないのに、登山口から山頂までの標高差が
740mもあるので、結構な登りごたえもある。
  

5合目から7合目の先の馬の背までが正念場。
004.JPG

005.JPG

ゆっくりペースで登っていても、情けないけど息切れしてなかなか進めない。

一番ツラかったのが、5合目から6合目の区間。

苦しみながらも何とか馬の背に到着。
006.JPG

天気はまずまずだけど、残念ながら霞んでいた。
008.JPG

009.JPG

馬の背から先は、傾斜が緩やかな区間が少しあるけど、それを過ぎると岩場の
登りが続く。

風が強くて帽子が飛ばされそうになりながら、8合目、
007.JPG

9合目を過ぎ、山頂直下の急登をクリアして、午前9時半に無事、山頂到着。
010.JPG

011.JPG

012.JPG

013.JPG

014.JPG

015.JPG

016.JPG

017.JPG

この日の下山中、4名位の男性のパーティが、立入禁止を示したロープを
乗り越え、登山道では無い所を登っているのを見てしまったそうで。

 
どんな理由があるかわからないけど、最低限のルールは守って欲しいし、自分
も気をつけなければ・・・と、肝に命じたようです。
posted by みき at 11:52| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015ファミリー登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

上級救命講習受講

IMG_1056.JPG

23日(土)、夫が市内の消防署で救命講習を受講してきた。

各自治体の消防署では、基本、無料で救命講習を定期開催している
みたい(例外的に有料のものもあるよう)だけど、今回夫が受講した
のは、救命講習の中でも少しレベルの高い「上級救命講習」という
ものらしい。
DSC03582.JPG

普通の救命講習は、ほぼ毎月開催されていて、時間も3時間程度
らしいけど、上級救命講習は、年に2回しか開催されず、時間も
9時半〜18時半までと非常に長い。

おまけに、筆記と実技の試験があるそう。

真面目に受講すれば、落ちることはないようだけど。

今回、20名の定員に対し、15名の参加があったそう。

年齢も様々で、女性も3名いたらしい。


なぜ、夫が今回消防署で上級救命講習を受けたかというと、今、
取ろうとしている資格があって、それを取るには、上級救命講習の
受講を終了していることが必要ならしい。

他の人の受講動機はわからないけど、イザという時のための備え
だったり、職場の上司から指示されたりとかもあるのかな・・・。


とにかく、長時間お疲れ様でした。
posted by みき at 20:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

週末一人時間

このところの週末は、部活の練習試合や大会の送迎、土日共、
塾送迎で過ぎることが多く、その合間の行ける時に、ごく近場の
山に行く感じで過ぎてます。


今日は、朝、娘が部活に出かけた後、終日講習の夫を、会場まで
送り車(RV)、家事の傍ら、紅茶パウンドと、以前、お友達から頂いた、
黒ごま塩を使ったクッキーを、時間差で焼きました〜。
紅茶パウンド.JPG

黒ごま塩クッキー.JPG

部活から帰った娘も、「いい匂い〜ハートたち(複数ハート)何?!」と、早速つまみ食い。


クッキーは、クセになるしょっぱさ。



食事とおやつの後は、今日も夜まで塾。しばらくは週5日通いが続きます。



こちらは、少し前につくったメイプルパウンド。
メイプルパウンド.JPG

今の一人時間は、車内の掃除をしたり、2週間も目を楽しませて
くれてる娘からのカーネーションかわいいを前に、娘が読み終えた本「恋歌」を
借りて読んでまするんるん
attachment00.jpg


この本、面白いexclamation×2
posted by みき at 17:11| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

桜とシラネアオイが咲く 伊達紋別岳

15(土)、夫が単独で伊達紋別岳に登ってきた。

行きたがっていたアポイ岳は、今回も時間がなくて断念。

移動だけで片道3時間もかかるので、そう簡単には行けない。


伊達紋別岳は、今回でもう5回目だけど、まだ、体の準備ができて
いない状態のまま、序盤から急な登りが続く。

今回は、
@登山口.JPG

A登山ポスト.JPG

B一望台.JPG

C真っ白.JPG

登山口9:50 ⇒  登山ポスト9:56 ⇒ 1合目 9:59 ⇒
2合目10:11 ⇒ 3合目 (一望台)10:17⇒4合目 10:21
⇒ 5合目?(見落とし?)⇒ 6合目10:43⇒ 7合目(いっぷく広場)
10:51

Dシラネアオイ(白花).JPG

Eシラネアオイ.JPG

登山口から1時間でいっぷく広場に到着。

3合目の一望台でも7合目のいっぷく広場でも真っ白で何もみえない。

いっぷく広場で10分ほど休んで、7合目からはアップダウンの続く
稜線歩き。

ずっと登りっぱなしもつらいけど、登ったり下ったりを繰り返すのも
結構つらい。

F山頂.JPG

8合目 11:16⇒ 前紋別岳 11:23⇒ 9合目?(見落とし?)⇒  
山頂 11:40


登山口から1時間50分。

序盤、少しオーバーペース気味で息が切れたので、もう少し歩き方に
気をつけなければ・・・と反省。

独りだと少しオーバーペース気味になるみたい。

G伊達市街.JPG

H下山中の稜線登山道.JPG

I稀府岳.JPG

J羊蹄山.JPG

K有珠山&昭和新山.JPG

皮肉なことに下山を始めた途端に晴れてきた。

羊蹄山は、やっぱ存在感ある。

L桜1.JPG

M桜2.JPG

登山口のある障害者施設「太陽の園」の敷地内には、桜の木がたくさん
植えられていて、この時期はほんと綺麗です。
posted by みき at 11:47| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015ファミリー登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

冷蔵庫 買い替え(泣)

001.JPG

今月2日の土曜日、9年半使っていた冷蔵庫が壊れた。

前日の金曜日、冷凍室の食品の冷凍がすべて溶け、翌日、今度は
冷蔵室が全く冷えなくなり、完全に機能を失った😞


以前から調子が悪く、自動製氷の機能は、もう1年以上も前から
動いていない。

最近は頻繁に霜が付き、そのせいで、チルド室や野菜室がきちんと
閉まらないことも多かった😵


夫が、メーカーのサービスセンターに電話した所、修理するとしても
かなり大がかりなものになるみたいで、はっきり言うと、もう「寿命」
とのこと。

2回引越しをしてるので、その時、動かしたのが寿命を早めたかな。

延長保証には入っていたけど、期間が5年間だったので全くの対象外。

残念ながら、どうあがいても、買い替えるしか道はない...

完全に予定外の出費・・・イタい・・・イタすぎる😖


壊れた冷蔵庫は東芝製で、2005年10月にビックカメラで買った。

今回は日立。

買った場所は、前回と同じビックカメラ。
冷蔵庫.jpg

ちょっと遠いけど、他の店と比較しても、一番条件がよかったので。


新しい冷蔵庫は今日、9日(土)の午後にやっと届いた。
008.JPG

1週間も冷蔵庫がない生活は、ほんと苦しかった。

壊れたその日に、2〜3時間かけて調理できるものは調理して、
食べれるだけ食べはしたけど、食材も随分ダメにしちゃった。


壊れる前に頼んだ宅配の食材は、今日まで、お友達のお宅に預かって
もらってた。

どうせなら、もう少し早く、寒い時期に壊れてくれれば、食材も無駄に
しなくて済んだのに。


次は洗濯機?!


怖い・・・考えたくない・・・/(-_-)\
posted by みき at 21:31| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

恐怖を克服?!八剣山

昨日の5日のこどもの日、夫と八剣山に登ってきた。

八剣山、高所恐怖症の私は常々『自分には絶対ムリ。一生登ることはないわ。』
と思っていたけど、不思議なことに、今回なぜか行く気になった。

夫は、去年もGWに登っているけど、その時は南口から登ったそうなので、
今回は中央口から登ることに。

登山口を見つけるのに少し手間取り、八剣山果樹園のスタッフの方に
教えてもらって、9時15分に出発。

登山口は、果樹園の敷地内を横切り、乗馬場の先にあった。
001.JPG

002.JPG

スタートからいきなりの急斜面で息が切れる。

踏み固められた土が湿っぽくてすべりやすい。

10分後、やっと平坦な場所に出た。

そこは、南口との合流点。
003.JPG

休む間もなく先へ進んでいくと、大きな石がゴロゴロしている斜面に
差し掛かった。

上を見上げると、巨大な岩壁がそびえ、その岩壁の右脇を巻くように
続く登山道を慎重に登る。
004.JPG

そこから先は、ほとんどが岩場で、ロープが張られている所も多く、
両手も使ってよじ登った。

道幅は1mにも満たなく、左右が崖。

おまけに天気はイイけど、風が結構強い。

滑落すると大ケガはまぬがれない。

登山口から山頂まで、50分くらいの短い時間だったけど、よく登ったと、
自分に感心した(笑)
006.JPG

008.JPG

009.JPG

011.JPG

012.JPG

014.JPG

015.JPG


実は、山頂まであと少しのところで、怖くて立ち止まりかけたんだけど、
ワンコ連れの後続者が直ぐ後ろまで迫って来ていて、道幅が狭いので
抜かしてもらうこともできず、先に進むしかなかったのもあったんだけど(笑)

登るのも大変だったけど、下りるのはもっと大変だった。
016.JPG

八剣山、次はないかも・・・(笑)
posted by みき at 18:41| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015ファミリー登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

藻岩山 ×2

2015年の夏山シーズンのスタートとして、先月26(日)、
夫が藻岩山に登ってきた。



そして、昨日の3(日)、今度は夫婦で藻岩山に登った。

夫単独では、慈啓会病院前コースを登ったので、今回はコースを変えて、
旭山記念公園コースに。

登山を始めて今年で6年目になるけど、これまで藻岩山には、一度も
登ったことがなかった。

なのに今年は短い期間に2連チャン。


いくら今年が例年になく雪どけが早く、気温が高いと言っても、1,000m
を超える山には、まだまだ残雪があり、この時期に全くの夏道で登れる山
はそう多くない。

時間があれば、アポイ岳にでも行きたい所だったけど、娘が部活から帰る
時間には家に戻りたい。

近場の八剣山も候補だったけど、高所恐怖症の私には、まだまだハードルが高い。

そんなこんなの藻岩山。


登った感想は・・・。

都会の中心部にある山だけど、そのわりには自然が豊かで、結構、登りごたえも
ある。
@.JPG

A登山道.JPG

B登山道2.JPG

C花1.JPG

D花2.JPG

E景色1.JPG

F景色2.JPG

適度なアップダウンは、変化があって結構楽しい。

でも、残念なことに、山頂に着くと、その好印象が180度変わってしまう。
G山頂1.JPG

H山頂2.JPG

I山頂3.JPG

J山頂4.JPG

K山頂5.JPG

それがわかっているから、これまで足が向かなかったんだけどね。

半年ぶりの登山。

体は疲れたけど、心は少し元気になったような気がする。

時々でも、しっかり体を動かして、汗をかくことは必要なんだと思う。

次回はいつになるかわからないけど、少ない機会をできるだけ楽しみたいな。
posted by みき at 12:58| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015ファミリー登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする