2017年05月28日

今年の5月も伊達紋別岳へ

5/21(日)、夫と伊達紋別岳に登った。

この日、娘は模試があり、駅まで送ってからの出発に
なったので、登山口に着いたのは、10時少し前。


この時間で駐車場には既に、10台以上の車。


伊達紋別岳は、この時期、完全に雪が解けて、夏道と
なっているので、わが家にとってはとても貴重な山。

シラネアオイと登山口近くに植えられている桜の木が
印象的で、晴れてさえいれば、景色もとても素晴らしい。
1.JPG

ただ、登り始めから3合目位まで急登が続くので、毎年
シーズン初めで体が慣れていない状態で登る山としては、
結構堪える。
2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

それでも10時10分に登山口を出発し、山頂に着いた
のが12時20分だったので、標準コースタイムでは登る
ことができたよう。
6.JPG

7.JPG

アップダウンが多いけど、登山道がきちんと整備されて
いるので、常連の方だけでなく、初心者や家族連れも結構
多いと思う。この日も50組近くの登山者があった。


この日は気温が高くて、遠くの景色は霞んでたけど、濃い紫、
薄い紫、白…とカラーバリエーションが豊富なシラネアオイや
登山道脇に咲く花がきれいでした。
8.JPG

9.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

15.JPG
posted by みき at 20:36| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

2017年 夏山シーズンは、アポイ岳から(夫記) 

5/3(祝)、夫が職場の方とアポイ岳に行ってきた。

この日は祝日だったけど、娘はほぼ一日、学校で講習会が
あったので、娘を地下鉄の駅まで送ってからの遅い出発。


登山口には10時20分頃到着。


この時間、ビジターセンター横の駐車場は既に満車で、
登山者用の駐車場の奥の道路脇に何とか駐車することが
できた。

支度を済ませ、いつもの場所で写真を撮って
1.JPG


10時30分出発。


入山届を見ると、もうすでに70組〜80組が入山している様子。
2.JPG


帰りにまた数えると、100組を超えていた。

この時期、完全に夏道になっている山はそう多くはないので、
みんなここに集まってきた感じ。


このGWは天気が良くて暖かいみたいなので、かなりの
登山者が来るに違いない。


はじめは、5合目の避難小屋を目指す。

4合目から5合目まで、少し登りがきつくなる以外は傾斜も
緩やかで、森の中を気持ち良く歩くことができる。


でも、体がまだ慣れていないので、あまり余裕もない。
3.JPG

それでも5合目の避難小屋までは、1時間ほどで到着。

休憩後は、急な登りが続く7合目のまだ少し先にある馬の背を
目指す。
4.JPG

5.JPG

6.JPG

ゆっくり登っていても息が切れる。

やっと馬の背に到着し、少し休憩。風が強く、帽子が飛ばされそう。
7.JPG

8合目、9合目をクリアし、山頂までの最後の急登を我慢して
登って、午後1時、無事、山頂到着。
8.JPG

9.JPG

この日は風が強かったけど、まずまずの登山日和。

ただ、残念ながら花はもう少し先かな…。

咲いていたのはほんのわずかだった。
10.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

久しぶりの登山。

楽しんだ後は、つらい筋肉痛が待っていた(笑)
posted by みき at 19:50| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする