2009年01月21日

キャンプ(レポ編Vol.14)

穂別1.jpg

2006.9.17〜18  穂別町営キャンプ場

このキャンプ場は、国道274号線沿いに大きく看板が
出ていて、帯広方面に行くときはいつもこのキャンプ場
の脇を通っていました車(RV)
自宅からも1時間半程度で着く距離なので、以前から
気になっていたキャンプ場の一つでしたるんるん
車が横付けできるオートサイトもなかなか人気が高い
ようですが、9月も中旬を過ぎ、朝晩は冷えると思い、
バンガローを予約しました。
今回はバンガロー泊ということで、フリーサイトに
スクリーンタ―プ設営し、寝るとき以外はそこで過ごし
ました。

穂別2.jpg

フリーサイトはかなり広く、オープンなロケーション
ですexclamation
駐車場から場内まで、リヤカーで荷物を運ばなければ
ならないのが少し辛いですが、木々が多く、川も流れて
いて、自然が豊かなキャンプ場です手(チョキ)

CIMG0191 (2).JPG

そのため、夏場はかなり混雑するようですが、この
時期ともなれば十分空がありますグッド(上向き矢印)
あいにく天気はあまりパッとせず、帰りには雨雨
降り出してきましたが、子供たちは十分楽しく遊んだ
ようなので良かったですわーい(嬉しい顔)

穂別3.jpg
posted by みき at 07:48| | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

キャンプ(レポ編Vol.13)

二風谷1.jpg

'06.8.26〜27 
二風谷ファミリーランドオートキャンプ場     

今回のキャンプは、夫の職場の同僚ご家族とご一緒
させていただきましたグッド(上向き矢印)
自宅からは2時間とかからない距離にあり、ファミリーに
人気のキャンプ場ですexclamation

チェックインは13時ー(長音記号2)
30分以上早く到着しましたが、時間にならなければ
入場できないので、子供たちを遊具で遊ばせながら
時間を待ちます。

二風谷2.jpg

二風谷3.jpg

場内は広く、きれいに整備されていて快適です。
バンガローも手ごろな料金で利用できるので、春先や
秋口などはこちらを利用するのも良いかもしれません。
今回は利用しませんでしたが、パークゴルフゴルフ、テニステニス
ローラースケートなども楽しめるようです。

また、場内には温泉施設いい気分(温泉)(平取温泉)があり、そこで
お肉(平取牛)を買ってバーベキューをしました。
とても美味しかったですわーい(嬉しい顔)

天気も良くて晴れ、夏の終わりの休日を心地よく過ごす
ことができ、楽しいキャンプでしたるんるん
posted by みき at 11:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

キャンプ(レポ編Vol.12)

丸瀬布2.JPG

’06.8.4〜6 丸瀬布いこいの村オートキャンプ場        

自宅からはかなりの距離があり、時間もかかり
ますが、夏休み中ということで、今回は思い切って
遠出することにしましたexclamationわーい(嬉しい顔)

旭川で食材を調達し、キャンプ場へ向かいます。
はっきりしない天気で、途中の峠で雨あしが強く
なってきたので、急きょキャンプ場に連絡し、
バンガローを確保しました。
キャンプ場に着いたのが午後3時半。
雨が降り止まないため、その日は早めの夕食を
済ませ、ずっとバンガローの中で過ごしました。

翌朝、天気も回復晴れ
朝起きて早々にテントを設営しました。
ここのキャンプ場は市街からかなり奥に入りますが、
木々が多く、川も流れており、自然環境は抜群です手(チョキ)
また、遊具や昆虫生態館などの子供が喜ぶ設備も
充実しており、大人も子供も楽しめるレジャー型
キャンプ場でするんるん

CIMG0105 (2).JPG

CIMG0117.JPG

ここの一番の目玉は、何と言ってもキャンプ場内を
1周するSLでしょう。
ポーッという汽笛を上げながら場内を一周します。
わが家ももちろん乗りました。→続きます
続きを読む
posted by みき at 06:55| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

キャンプ(レポ編Vol.11)

1まあぶ.jpg

2006.7.15〜16  

前週のリベンジではありませんが、この週は深川のまあぶ
オートキャンプ場に行きました。
自宅からは2時間30分くらいの距離です。
場内はすごくきれいに整備されており、西洋風の立派な
コテージがいくつかあります。
コテージは、何もかもすべて揃っているので、ホテル
感覚で泊まれますが、お値段も1万4、5千円位します。
わが家はもちろんそんな高価な所には泊まれませんわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
ですが、今回はテントではなく、バンガローに泊まりました。

まあぶ2.jpg

バンガローはオートサイトより安くて1泊1,500円で
泊まれるんです(キャンプ場入場料は別途)。
このキャンプ場を選んだ大きな理由は、近くに「アグリ
工房まあぶ」という体験施設があり、温泉いい気分(温泉)にも入れる
からです。
そこで出会ったお姉ちゃん達2人と、アイスクリーム
作りやさくらんぼ狩りなどで楽しく遊んだ後、温泉
(その時は、花びらというより、色とりどりのバラ
そのものがたくさん入ったバラ風呂かわいいで贅沢気分ぴかぴか(新しい)
でした〜手(チョキ))に入り、帰路につきました車(RV)

まあぶ体験1.jpg
posted by みき at 07:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

キャンプ(レポ編Vol.10)

2006年7月8日〜9日  日高沙流川オートキャンプ場 

娘の幼稚園行事、夫の仕事の都合、天候不順等々の
いろんな事情が重なって、この年初めてのキャンプは、
既に7月に入ってしまいましたたらーっ(汗)
このキャンプ場も、ガイドブックや他の人のキャンプ
レポを読む限りは、結構良さそうなキャンプ場ですわーい(嬉しい顔)

お昼過ぎにキャンプ場に着きましたが、チェックインが
13時からということで、受付の係りの人も不在です。
わが家以外には1、2組受付を待っている家族がいました。

場内は広くて木々も多く、すぐそばには沙流川が流れており、
自然豊かなキャンプ場です。
しかし、この日はあまり天気が良くなく、7月だというのに
肌寒い気候です。
そのせいか、時間が経ってもほとんどキャンパーは増えま
せん。
川に沿って少し奥の方に向って歩いてみましたが、今にも
熊が出そうだったので、怖くてすぐ引き返してきましたダッシュ(走り出すさま)

たくさんのキャンパーがいて、賑やかなキャンプ場を想像
していたのですが場内は閑散としていますふらふら
他に特にやることも無く、なんだか少し寂しいキャンプに
なってしまいましたバッド(下向き矢印)
posted by みき at 07:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

キャンプ(レポ編Vol.9)

財田2.jpg

'05.9.24〜25 水辺の里 財田キャンプ場

9月も中旬を過ぎ、そろそろわが家のキャンプシーズンも
終わりですもうやだ〜(悲しい顔)
シーズン締めくくりの最後のキャンプとして、洞爺湖を
選びました。
洞爺湖周辺にはいくつもキャンプ場がありますが、ガイド
ブックでなかなか良い評価だったので、このキャンプ場に
決めましたexclamation

まずまずのお天気でしたが、若干風がありました。
キャンプ場の近くには、「道の駅」ならぬ「水の駅」が
あります。
場内は広くてきれいに整備されており、料金がややお高めの
オートサイトと、ややお安めのフリーサイトがあります。
わが家はもちろんフリーサイトですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
水辺の里という名称ではありますが、ほとんど湖が見え
ないのが残念ですふらふら

財田1.jpg

財田3.jpg

しかし、歩いて直ぐのところに「自然体験ハウス」という
のがあり、自然を紹介した展示や体験学習が出来ます。
娘はクラフトでバッジを作りました手(チョキ)

バッジ.JPG

記念になるものが出来て、楽しいキャンプになりましたわーい(嬉しい顔)
posted by みき at 07:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

キャンプ(レポ編Vol.8)

三石.jpg

'05.8.5〜6 三石海浜公園オートキャンプ場

海辺リゾートでキャンプをしたいexclamation
でも、砂の上にテントを張ると砂だらけになるので、出来れば
避けたい。
そんな理由で選んだキャンプ場は、日高の「三石海浜公園
オートキャンプ場」でした。
海のすぐそばなのに、芝生の上にテントが張れます。

私の学生時代からの友人とその息子さん(3歳)と一緒に行き
ました。
大人3人、子供2人でのキャンプです。
自宅からは結構な距離があるため、途中、子ども達のために
何度もトイレ休憩トイレを取り、昼過ぎにやっと着きましたわーい(嬉しい顔)
グッド(上向き矢印)

天気は良かったのですが、気温は22.3℃。
海水浴には少し肌寒い気温です。
それよりも、なにしろ風が強くて波も高く、砂浜で砂遊びする
のが精一杯たらーっ(汗)
それでも、仲良しの子供たちは楽しそうに遊んでいましたるんるん
海で泳ぐことは出来ませんでしたが、それでも子供たちは
喜んで遊んでいたようですので、楽しいキャンプでしたexclamationわーい(嬉しい顔)

帰りは、新冠のレ・コードの湯に入って帰るつもりが、お友達の
お子さんが寝てしまったので眠い(睡眠)、さらに車を進めて車(RV)、みんなで
“とねっこの湯”いい気分(温泉)に寄って帰りました。
posted by みき at 16:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャンプ(レポ編Vol.7)

東神楽1.jpg

'05.7.29〜30 ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレ

娘の幼稚園も夏休み晴れに入り、夫も休みを取りました。
今回のキャンプは、道北の東川町にある「ひがしかぐら森林
公園オートキャンプ場フローレ」ですー(長音記号2)
着くまでに3時間強、結構な時間がかかりました車(RV)
キャンプ場はすごくきれいに整備されており、キャンプ場の
向かいには「森のゆ花神楽」という温泉施設いい気分(温泉)、隣には
「ひがしかぐら森林公園」があります。
着いた日は天気がパッとせず、夜には雨雨にあたりましたが、
次の日には回復し、夏らしい日差しが照ってきました晴れ
隣の森林公園でもキャンプをしたり、ピクニックを楽しんで
いる家族が何組かいました。

東神楽2.jpg

東神楽3.jpg

公園でスライダーで滑ったり、足こぎボートに乗ったりして
遊んだ後、温泉いい気分(温泉)に入り、食事レストランをして、帰途につきました車(RV)
posted by みき at 10:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

キャンプ(レポ編Vol.6)

一番川.jpg

'05.7.16〜17 道民の森一番川オートキャンプ場

札幌近郊では大変人気のあるキャンプ場で、利用するには
早めの予約が必要です。
評判が良いので一度は是非行ってみたかったキャンプ場でした。
今回は、夫の同僚のご家族とご一緒させていただくことになり
ました。

オートキャンプ場ではありますが、すぐそばに川が流れており、
木々も多く、人工的に造られた感じがほとんどありません。
評判どおりの自然豊かなキャンプ場です。
キャンパーも多いのですが、場内が広いせいかほとんど気に
なりません。
川遊びをしたり、虫取りをしたり、走り回ったりダッシュ(走り出すさま)・・・子供たち
も楽しそうですわーい(嬉しい顔)
木の下にはヘビがいました。管理人さんが追い払ってくれ
ましたが、大人も子供も大騒ぎあせあせ(飛び散る汗)
恐らく子供たちは、生まれてはじめて実際にヘビを見たことと
思います。
夜には、焚き火をしながらお酒ビールを飲み、ゆったりまったり・・・。

ところが・・・exclamation&question
夫の足をみると赤々と腫れ上がっていますがく〜(落胆した顔)
ブヨに刺されたようです。それも何箇所も・・・。
自宅に帰ってから、さらに腫れがひどくなり、刺され口が
膿んでいますバッド(下向き矢印)
このままではますますひどくなると思い、病院病院に行って
治療することにしました。
点滴と消毒で1週間ほど通院し、やっと完治。
虫刺されで病院通いとは・・・たらーっ(汗)
本人も恥ずかしいやら情けないやらで、ほんとに辛かった
ようですふらふら
posted by みき at 16:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

キャンプ(レポ編Vol.5)

美笛.jpg

'05.6.25〜26 美笛キャンプ場

札幌近郊ではかなり評判が高く、大変人気のあるキャンプ場ですexclamation
ぜひ一度は行ってみたかったキャンプ場でした。
朝から雲行き曇りが怪しく、いつ雨が降ってもおかしくない天気
ではありましたが、まあ何とかもつだろうと楽観的に構え、決行です手(グー)

千歳周りで支笏湖方面へ向かい、支笏湖を右手に見ながら目
キャンプ場を目指します。
キャンプ場まであと15分という所で、とうとう雨が振り出して
きました雨
その後は、振ったり止んだりの不安定な天気ですふらふら

国道沿いの案内板からキャンプ場までは林道が続き、でこぼこ
道です。
着いたのが午後1時少し前。
受付を済ませゲートをくぐって場内に入ります。
ロケーションの良い湖畔は既にスペースが無く、やむを得ず
湖畔から50mほど奥に設営しました。
場内はかなり自然が濃く、公園のようにきれいに整備された
オートキャンプ場とは違い、ワイルド感いっぱいです。
雨が振り出す前になんとか設営を終えましたが、設営した途端、
激しい雨が・・・。
トイレトイレや炊事等、必要最低限以外はテントから外に出ることが
できませんもうやだ〜(悲しい顔)
雨に濡れて体が冷えきってしまい、早めに夕食を済ませた後は
ずっと寝袋の中・・・。
何もやる気になれず、早々に就寝眠い(睡眠)

翌日は青空晴れが広がり、雨の中での撤収こそ免れましたが、
自然を満喫するどころか何とも辛いキャンプになりました。
posted by みき at 17:54| | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

キャンプ(レポ編Vol.4)

古山1.jpg

'05.5.28〜29 古山貯水池自然公園オートキャンプ場

このキャンプ場は、2004年にオープンしたようですが、
なかなかいいキャンプ場です手(チョキ)

それほど大きなキャンプ場ではありませんが、木々が多い
せいか、まるで森林浴をしているようです。

特に、行った時期が5月下旬、天気も曇時々霧雨のような
ハッキリしない天気だったこともあり、キャンパーも少なく、
静かで、鳥のさえずりがとても心地よかったです。

地理的にも札幌から1時間程度と近く、温泉いい気分(温泉)(ユンニの湯)
も車車(RV)で5分ほど。

設備も申し分なく清潔で炊事場ではお湯も出ますので、春先
や秋口には助かります。

ただし、遊具がないので、小さな子供は少し退屈するかもしれません。

オープンから4年ですので、最近は利用者も多くなってきて
いると思いますが、静かにゆっくりと過ごしたい時におすすめ
のキャンプ場です。

真夏晴れはどうでしょう・・・木々が多いため涼しいとは思い
ますが、貯水池もあるので虫が多いかも知れません。

混雑しそうですし・・・。


春、秋におすすめしたいキャンプ場ですexclamation
古山2.jpg
posted by みき at 21:12| | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

キャンプ(レポ編 Vol.3)

アルテン1.jpg

2004年8.28〜29 オートリゾート苫小牧アルテン


ここは道内屈指のキャンプ場で、北海道では数少ない通年
営業のキャンプ場ですexclamation
サイトの種類も多いのですが、広くて快適なサイトは料金も
それ相応なので、少し狭めのセミオートサイトにしました。
セミオートサイトは、車と設営場所に距離がありますが、
10mと離れてないので、それほど不便ではありません。
炊事場もすぐ隣でしたが、設営スペースが狭く、テントと
スクリーンタープがギリギリ設営できる位の広さで、お隣とも
わずかな距離です。
しかし、場内は本当に広く、設備も立派ですぴかぴか(新しい)
これが良い人もいれば、物足りない人もいるでしょう。
場内には、遊具やミニSL、レンタサイクルもありましたわーい(嬉しい顔)
アルテン2.jpg

アルテン3.jpg

温泉いい気分(温泉)も隣接してます。
キャンプ場の隣には錦大沼があり、カヌーに乗れるとのこと
でしたが、風が強く台風寒かったので、中止になってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
前回同様、スクリーンタープが風にあおられて倒壊がく〜(落胆した顔) うーんたらーっ(汗)
天候や周りのキャンパーの状況により、キャンプ場の印象は
大きく変わってしまいますが、今回は残念なキャンプになって
しまいましたふらふら
posted by みき at 10:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

キャンプ(レポ編 Vol.2)

かなやま湖1.jpg

2004年8.07〜09 かなやま湖畔キャンプ場


この日は、以前から行ってみたかった、南富良野のかなやま湖に
行きましたるんるん
朝早く家を出たので、10時頃にはキャンプ場に到着exclamation
まず、管理等で受付し、2泊分の料金を支払い、車輌進入禁止
なので、管理棟の裏にあるリヤカーに荷物を積んで、設営場所を
探します。
荷物満載のリヤカー2台を引いていかなければなりませんので、
移動距離は少なくしたいものですが、入り口から湖に向かって
かなり傾斜しているので、平らなところを選ばなければなりません。
下るほど湖には近くなりますが、逆にトイレトイレや炊事場が遠く
なります。
時間が早かったせいか、わりと苦労せず設置場所を見つけることが
できましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)
とにかく天気が良くて晴れ、暑い3日間でした。
かなやま湖は人造湖ですが、とにかく美しい湖です黒ハート
私はどちらかというと、海よりも山や湖が好きなので、なおさら
そう感じたのかもしれません。
今度は2泊3日なので、湖水浴をしたり、カヌーに乗ったりして
ゆったり過ごし、また、2日目以降の食料の買出しに行く途中、
富良野のアンパンマンショップに立ち寄ったりもしましたわーい(嬉しい顔)

かなやま湖2.jpg

カヌー2.jpg

アンパンマンショップ.jpg
posted by みき at 14:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

キャンプ(レポ編 Vol.1)

2004年7月31日 川下海浜公園
 
わが家のはじめてのキャンプは、それほど遠くなく、夏なので
海水浴リゾートもできるキャンプ場を選びました。
はじめてということもあり、泊まり無しの日帰りキャンプです。
朝早く家を出たので、午前9時すぎにはもう現地に到着
しました。
天気も良く晴れ、夏らしい暑い日で、かなり混雑していました。
道路を挟んだ向いにはコンビ二コンビニがあって、とても便利でするんるん
海もすぐそばなのに、芝生の上にテントが張れる…それが
人気の理由なのでしょうわーい(嬉しい顔)

2004デイキャンプ-1.jpg

海は…うーん…思ってたよりもきれいではなかったような…たらーっ(汗)
トイレトイレも…。
とにかく、大勢の人がキャンプしていました。
わが家は日帰りなので、夕方には帰る準備をしなければ
なりませんが、海で遊んだり、バーベキューをしたり、
楽しい一日を過ごしましたわーい(嬉しい顔)

2004デイキャンプ-2.jpg2004デイキャンプ.jpg

ただ、朝早くの出発、慣れないキャンプ道具の設営と撤収、
海での遊び等々、とても疲れましたふらふら
泊まる準備をして、泊まった方がよっぽど楽だったと
思いました。
やっぱりキャンプはテントで寝なくちゃexclamation
はじめてのキャンプは、こうして終わりました。
posted by みき at 15:38| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004-2006キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする