2009年02月03日

キャンプ(レポ編Vol.22)

歌才.jpg

2007.9.22〜23 歌才ル・ピック

9月も中旬を過ぎ、これがこの年最後のキャンプに
なりそうです。
本当は前の週に行きたかったのですが、夫の仕事の
都合で一週延びてしまいました。

さあ、どこに行こう・・・。

黒松内町にある「歌才オートキャンプ場 ル・ピック」
というキャンプ場はかなり人気が高く、なかなか
予約が取れないキャンプ場であり、以前から気に
なっていたキャンプ場の一つでした。
この黒松内町はブナの木で有名で、歌才ブナは
北限だそうです。

続きを読む
posted by みき at 07:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

キャンプ(レポ編Vol.21)

モーラップ1.jpg

2007.8.25〜26 モラップキャンプ場

支笏湖周辺にはいくつかのキャンプ場がありますが、
ロケーション的には「美笛キャンプ場」が一番だと
思いますぴかぴか(新しい)
わが家が以前、美笛でキャンプをしたときは天候が
悪く、このキャンプ場の良さを体感できません
でしたが・・・たらーっ(汗)(キャンプレポVol.5参照)。

しかし、このモラップキャンプ場もなかなか人気の
あるところです。
美笛と違い、アクセスも便利でオープンなロケーション
が特徴です。

夏休みも終わった8月下旬、自宅からもわりと近い
ので、今回はモラップでキャンプすることにしました。

天候はまずまずでしたが、風が少し強い日でした。

午前11時頃には到着しましたが、チェックインは
13時からです。
混んでくる前に場所を確保したかったので、追加料金を
支払って場内に入りました。

時折、湖から吹き上げてくる風で、タープが飛ばされ
そうな場面もありましたが、そのうち、だんだんと
風も収まってきました。
モーラップ.jpg

夏休みも終わったというのに、時間が経つにつれて
かなり混雑してきましたあせあせ(飛び散る汗)

蜂やカラスがやや多いなと感じましたが、それを除けば
快適なキャンプ場ですexclamation

夜は花火や焚き火をしながら、夏の終わりのキャンプを
十分楽しむことができました。

帰りに、えこりん村に寄りましたるんるん
えこりん村.jpg
posted by みき at 07:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

第5日目〜6日目・第6日目

第5日目から6日目

家の中は蒸し風呂状態でしたふらふら
とりあえずは睡眠が必要なので、眠ることにしました眠い(睡眠)
久しぶりの布団でした。
4、5時間ほど眠り、朝食を食べ、8月14日、正午に
家を再出発しました。

今度は少しでも時間を短縮したいので、高速道路を
利用することとしました。
旭川経由で網走に着いたのが午後6時時計
網走市内で夕食を食べ終え、今夜は斜里駅近くの
ビジネスホテルホテルに泊まり、次の日の朝、スペアーキーを
持って知床自然センターに向かうことにしました。
斜里第一ホテル.jpg

(斜里のビジネスホテルで)

こんな事態になり、親は気持ちがかなり滅入っている
のに、逆に娘は、楽しそうに大はしゃぎダッシュ(走り出すさま)しています。
車中.jpg

念のため、知床自然センターに電話を入れて、鍵が
届いているかどうか確認したところ、知床五湖の一湖の
ところで観光客が拾ってくれて、今、その鍵はウトロの
交番にあるのだそうです。

13日にそれがわかっていれば、自宅家まで戻らずに済んだ
のに・・・と思いながらも、まずは一安心しましたたらーっ(汗)

第6日目に続きます右斜め下

続きを読む
posted by みき at 09:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

第4日目

4日目の朝を迎えました。
今日も朝から強烈な日差しが照りつけています晴れ
間違いなく30度を超えるでしょうたらーっ(汗)
朝8時前にはテントを撤収し、知床観光に向かいます。

今日の予定は、午前中に知床五湖とカムイワッカ
湯の滝を観光。
夕方までに帯広まで戻り、今夜の宿泊予定地である
十勝エコロジーパークに入り、テントの設営。
テントの設営が終わり次第、北海道でも最大規模の
花火大会、勝毎花火大会を観るという予定です。

しれとこ自然村を出て、車で約10分ほどで知床自然
センターに着きました。
ここからは、シャトルバスバスに乗り換えて、カムイワッカ
湯の滝と知床五湖を観光します。

環境保護と事故防止のため、一般車輌は知床五湖まで
しか行くことが出来ず、カムイワッカ湯の滝に行くには
シャトルバスに乗り換えなければなりません。
知床五湖の駐車場はあまり大きくないので、駐車場に
入るのにかなり時間がかかるようでした。
知床自然センターからシャトルバスバスに揺られて約50分、
カムイワッカ湯の滝に到着ですexclamation
カムイワッカ.jpg

ここの滝は温泉いい気分(温泉)で、滝の中を歩いて上っていくことが
出来ます。
ただし落石の恐れがあるとのことで途中までしか上る
ことは出来ませんでした。
何名かの観光客が滝つぼで入浴していました。
娘も入りたいと騒ぎましたが、水着を持って来なかった
ことと、硫黄泉のため少し肌がピリピリするようなので
諭してあきらめさせました。

ここでしばらく過ごした後、またバスに乗って知床五湖
まで戻ります。
熊が出没する恐れがあり、五つある湖のうち、一湖、二湖
の2つまでしか観れないとのこと。
知床.jpg

知床一湖.jpg

足早に観て回り、またバスに乗って知床自然センターまで
戻ります。

この時、既に午前11時半位でした。もうそろそろ出発
しないと夕方まで帯広に入れなくなります。

ところが・・・最悪のトラブル発生exclamation×2がく〜(落胆した顔)
続きを読む
posted by みき at 09:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

キャンプ(レポ編Vol.20)

屈斜路.jpg

第3日目

2007.8.12〜13 しれとこ自然村

3日目の朝晴れ

天気も良く、湖がキラキラ輝いていますぴかぴか(新しい)

遠くの山々がくっきりと見え、とてもすがすがしい
朝です。
朝から天気も良く、今日も暑くなりそうです。

本当はもっとゆっくりしたかったのですが、今日も
予定が詰まっており、朝8時には出発です。
続きを読む
posted by みき at 08:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

キャンプ(レポ編Vol.19)

上士幌.jpg

第2日目

2007.8.11〜12 和琴半島湖畔キャンプ場

2日目の朝、天気は回復してきました。
今日の天気なら熱気球は飛べるはず…。

しかし、わが家のプランでは、次のキャンプ地に
向かって早々に出発しなければなりません。

結局、たくさんのカラフルな熱気球が一同に空に
浮かぶさまを、一度も観ることができず、係留して
いた熱気球をかろうじて写真カメラに収め、キャンプ場を
後にしました。
続きを読む
posted by みき at 08:29| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

キャンプ(レポ編Vol.18)

上士幌2.jpg

第1日目

2007.8.10〜11 上士幌航空公園キャンプ場

日勝峠に入る前の日高町のドライブイン駐車場で少し
休憩を取った後、日勝峠を越え、まずは帯広市内から
南へ約20qのところにある「ジンギスカンの白樺」
に向います。

ここのお肉は過去に何度か食べたことがありますが、
とても美味しかった記憶があり、多少遠回りをしても
十分に行く価値があると思いました。

ところがトラブル発生exclamation×2
続きを読む
posted by みき at 08:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

2007年 夏休み旅行

2007年の夏休み晴れは道東方面を旅行することにしました。

道東には、過去にも何度か観光で行ったことがあり
ましたが、子供と一緒に行くのはこれが初めてですexclamation
娘も小学生になり、体力もついてきたので、今回は思い
切って4泊5日、キャンプをしながら道東観光をする
計画を組みました。

夫の計画によると、初日は帯広で夕食用のジンギスカン
肉を買い、上士幌航空公園で開催されるバルーン
フェスタを観ながらキャンプ。

2日目はオンネトー、阿寒湖を観光し、屈斜路湖畔で
キャンプ。

3日目は、摩周湖、硫黄山を観光し、知床でキャンプ場。

4日目は、午前中に知床を観光した後、夕方夜までに
帯広に戻り、勝毎花火大会を観て目帯広でキャンプ。

最終日は十勝川温泉いい気分(温泉)に入って帰るというプランです。

少しハードなスケジュールではありますが、8月10日(金)
の午前10:00に自宅を出発しました車(RV)

それぞれのキャンプについては、このあと書きこんで
いきますexclamation
posted by みき at 08:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

キャンプ(レポ編Vol.17)

沼田1.jpg

2007.7.14〜16 幌新いこいの森公園キャンプサイト

夏休み間近の3連休は、2泊3日で沼田町のキャンプ場
に行きました。

目的は、「ほたるを観ること目」です。

はじめは、オートサイトの「ほたるの里オートキャンプ場」
を利用したいと思っていましたが、なんと予約で一杯exclamation×2
しかし運良く、オートサイトから数百メートル程奥に
入ったフリーサイトならまだ空いているとの事で、
そちらを確保しました。
車の横付けはできませんが、この際、贅沢は言えませんexclamation
続きを読む
posted by みき at 08:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

キャンプ(レポ編Vol.16)

羊蹄山4.jpg

2007.6.23〜24 羊蹄山自然公園真狩野営場

夏休みに入ると、キャンプ場もかなり混雑してきます
ので、夏休み前と後の1ヶ月間が北海道でのキャンプ
にはベストシーズンかと思います。
今回はどこに行こうか色々と迷いましたが、美しい
羊蹄山を臨みながらキャンプをしたいなあと思い、
真狩野営場に行くことにしましたexclamation
続きを読む
posted by みき at 08:39| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

キャンプ(レポ編Vol.15)

B7EEB7C1A3B1.jpg

2007.5.04〜05  道民の森 月形キャンプ場

わが家のキャンプ2007年シーズンは、「道民の森
月形キャンプ場」でスタートですexclamation
道民の森は、当別町と月形町にまたがる約1万1千
ヘクタールもの広大な敷地を有しており、自然体験、
レクリエーション、スポーツ、教育・文化活動などの
さまざまな活動に利用できます。
この道民の森は6つの地区に分かれており、わが家は
2005年夏に一番川地区でキャンプを楽しみましたグッド(上向き矢印)
(キャンプレポ Vol.6参照)
2度目の今回は、月形地区でのバンガローキャンプです。

月形3.jpg

今回、このキャンプ場を選んだ理由は、手ごろな価格で
バンガローが利用できることと、事前に予約すれば、
陶芸や木工芸の体験が出来ることです。
5月もまだ上旬なので、場内には所々雪が残っており、
場所によっては残雪が邪魔をしてスクリーンタープが
設営できない所もありました。
しかし、ゴールデンウィークということもあり、ほとんど
予約で一杯のようでした。右斜め下続きます
続きを読む
posted by みき at 08:26| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007キャンプレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする